国際評論家
謝 憲文


 

 新小売戦略の推進でオムニチャネルに拍車がかかる

アリババ集団は2016年に新小売りを打ち出してから、同社のリアル小売業への参入が活発になり、百貨店やスーパーを含めた小売企業の買収等が相次いだ。同時に、既存店舗への業務改革、メーカー側の商品開発や販促をサポートするといった「賦能(能力を与える)」戦略が進んでいる。このような新小売りを主とする新しいマーケティングの潮流はすでに化粧品・日用品業界にも押し寄せ、アリババの化粧品事業を担う「天猫美粧」が主導するこの大変革は中国化粧品市場に大きな影響を与えている。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。