アイスタイルは、「@cosmeベストコスメアワード2022上半期新作ベストコスメ」を6月9日に発表。これに伴い、同日、@cosme TOKYOにおいてイベントを実施した。

「@cosmeベストコスメアワード2022上半期新作ベストコスメ」の総合大賞はファンケルの「マイルドクレンジング オイル」 が受賞。以下、2位にディオール「ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ」、3位にアディクション 「アディクション ザ ブラッシュ ニュアンサー」が受賞した。

イベントでは、アイスタイルの吉松徹郎社長が登壇し、「総合大賞を受賞したファンケルのマイルドクレンジングオイルはリピーターの口コミが半数を超えるといった、これまでにない特徴がみられました。コロナ禍を経てあらゆることが不安定な時代において改めてユーザーとの継続的な信頼関係を築いているブランドが選ばれた」と総括した。

イベントの後半では、新たに発足した「 @cosmeトレンド予測部」が、売上動向や口コミ、その他関連データからみえる意識変化と、美容プラットフォーマーとしての知見から今後の生活者インサイトや美容トレンドを予測する「 2022下半期トレンド予測」を発表。

キーワードとして、コロナから社会が復調するのに合わせ、化粧ニーズもポストコロナに向けたリハビリメイクから化粧のリベンジ消費期に移行する〝リハビリから「リベンジ」へ〟、韓国でトレンドとなっている習慣そのものを取り入れる〝アンプルスティック〟、使いきれるミニサイズのコスメやエコ仕様の紙パッケージの商品を購買する傾向が高まる〝サステナ買い〟、トレンドから個性を表現するパーツへと進化した〝フリースタイル眉〟、性別・年齢にかかわらず使える・似合う商品のトレンドが広がりを見せる〝だれでもコスメ〟の五つを上げた。