今月の表紙は、オルビスが2019年1月1日に発売した「ORBIS DEFENCERA(オルビス ディフェンセラ)」だ。日本初の肌への機能がある特定保健用食品(トクホ)で、経口摂取で「肌の水分を逃しにくくするため、肌の乾燥が気になる方に適している」という肌への機能をもつ。

新規性に富む全身の乾燥悩みに対する「飲むスキンケア」という概念が話題を呼び、発売から1カ月で販売計画を超過する約8万個、約2億5000万円の売り上げを記録。健康食品分野の新商品としてオルビス史上最も好調な結果となった。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。