ハイラグジュアリービューティーブランドとして絶大な支持を得ているゲランは、2019年上期も堅調に推移、今期も二桁成長は確実視する。

現在ゲランでは、スキンケアの「アベイユ ロイヤル」「オーキデ アンペリアル」、ファンデーションの「レソンシエル」、口紅の「ルージュ ジェ」、フレグランスの「アクア アレゴリア」「モン ゲラン」の6ラインに集中する製品戦略を採っており、この成功が成長に繋がった。特に好調なのは、蜂由来成分の治癒力に着目したエイジングケア「アベイユ ロイヤル」だ。前年比140%と急成長、なかでもオイル状美容液の「ウォータリー オイル」が引き続き人気だ。ルージュ ジェで獲得した若年層がアベイユ ロイヤルのオイルから同ブランドのスキンケアにエントリーする流れが確立してきた。今年は、オイルとセロムを合わせデュオとして推奨したことも奏功し、売上げを牽引している。また、中国国内での人気の高さを反映し、インバウンドの指名買いも引き続き多い。同ブランドでは、過去にはアベイユ ロイヤルをエントリーとし、オーキデ アンペリアルにステップアップすることを推奨してきたが、今後は無理に上級シフトを目指すのではなく、アベイユ ロイヤルの愛用者はその中でロイヤリティを高めていく方針だ。すでにアベイユ ロイヤルは、数量ベースではオーキデ アンペリアルを超えており、将来的にはゲランのトップフランチャイズになることが見込まれる。

アベイユ ロイヤル ウォータリー オイル

ルージュ ジェ

この続きは会員の方のみご覧いただけます。