アジアを代表するメイクアップブランドとして唯一無二のポジションを確立しているシュウエムラが「3年連続二桁成長」へ向けて動き始めた。

2018年末に二桁成長で国内売上げ100億円を達成、以降もその勢いは止まらず翌19年も二桁成長を継続させてきた。強さの秘密は、ブランドを代表するクレンジングオイルだけでなく、ファンデーションとリップの二大カテゴリーでもヒーロー製品が生まれたこと。メイクアップブランドとして三つの大きな柱が確立されたことが大きいのだ。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。