1米ドル=107円
1元=15円
1台湾ドル=3円
2019年9月時点

厳しい消費者がブランドを育てる

韓国の化粧品市場がさらなる躍進を見せようとしている。これまでもさまざまなコスメトレンドの発信地として存在感を放ってきたが、プロモーション力、斬新な商品設計力に加え、品質を支える技術力という武器を手に入れ、世界市場から注目される存在になりつつある。

韓国の実質GDPは2019年4〜6月期で前期比1.1%の微増。一方、消費者物価数は19年に入ってからもわずかながら伸び続けていたものの、8月にはその伸びも止まった。ウォン安が続く状況などから、韓国経済の現状を不安視する声も大きい。ユーロモニターが18年に公表した調査によると、韓国化粧品市場は135億ドル(1兆14445億円)で、日本の約3分の1の規模。世界9位に位置づけられており、販売・生産ともに伸長傾向だ。しかし韓国はその市場規模以上にさまざまな可能性を持つ市場として、現在世界の注目を集めている。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。