地方の物流倉庫は増え続けている

中国EC市場では「地方」がキーワードになっています。例えば、2019年上期の淘宝網(タオバオ)は、新規ユーザーの7割を地方から得ています。この背景には、インターネットの普及があると考えられます。

中国では、都市と地方の情報格差がありません。ネットニュース、SNSが発達しているからで、都市で流行っている日本ブランドのことを地方の生活者も知っています。そして、いつでも、どこでも注文できるECの発達により、購買環境の格差もない。中国のGDPは6%台の成長を維持しており、地方の所得も向上しています。さらに都市に比べ、持ち家率が高いでしょうから、可処分所得は、地方が都市を上回っている可能性もあります。大都市圏の市場は飽和しており、競争は激しい。中国EC市場は、都市で話題を生み、地方で稼ぐ時代になりつつあるかもしれません。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。