適材適所で素材を使い分ける

日本国内でのプラスチックの生産量のピークは1997年ごろの約1500万トンで、現在は年間約1000万トンと、減少傾向にある。そのうち、包装容器等に使われているのは約370万トンと3分の1程度で、最も消費量が多いのが食品向けだ。日本包装技術協会・包装技術研究所包装材料研究室の平田成室長が説明する。

「包装容器に使われているプラスチックが減り続けている一番大きな要因は、企業努力によるもの。軽量化が進み、さらに詰め替えが浸透することで、一つの製品に使用するプラスチックの量が劇的に減っている」

この続きは会員の方のみご覧いただけます。