大手百貨店の不動産開発を軸とした「脱百貨店」戦略に拍車がかかってきた。周知のとおりJ.フロントリテイリングは東京・銀座の松坂屋銀座店を「GINZA SIX」に建て替え、高島屋は日本橋店周辺を再開発して都市型ショッピングセンター(SC)に衣替えした。三越伊勢丹ホールディングスも最近、国内保有不動産の再開発を促進することを明らかにしている。好立地に不動産を持つ老舗百貨店各社は今後、保有不動産を生かしテナントを含めた形の商業施設として活路を見出す。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。