食べられるバラを栽培するローズラボは、自社初となる化粧品ブランド「24ROSE」を6月2日から発売。それに先駆け5月30日に、東京・表参道において記者発表会を開催した。

「24ROSE」は、24時間バラ(ROSE)と寄り添う1日をコンセプトに開発。化粧品に活用するために開発したバラの新品種である〝MRL-24〟のエキスやローズ水を贅沢に配合したコスメシリーズ。ラインアップは、二層式化粧水「24ROSEナチュラルレインR」(50ミリリットル・3200円)、クレンジングバームの「同ナチュラルオフバームR」(80グラム・4000円)、二層式枠練り石鹸「同ナチュラルソープ」(100グラム・1800円)の3品目。すでに5月18日からバーニーズニューヨーク全店で先行発売しており、6月2日から伊勢丹新宿ビューティーアポセカリーおよび自社通販サイトで発売を開始した。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。