セルメディ税制施行も起爆剤にはなりきらず市場停滞

2017年度のOTC薬市場は、鼻炎治療薬や整腸剤、点眼薬、漢方薬などが16年度の売上げを上回る伸びを示した一方で、ドリンク剤などは落ち込みに歯止めがかからなかった。ただ、インバウンド需要を取り込んだことでかろうじて横ばいを維持したが、依然として厳しい状態が続いている。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。