ファンケルがビューティサプリメントのラインアップを強化している。10月17日に加齢による肌悩みをトータルでケアするファンケルの最高峰の美容サプリメント「ビューティライズ」シリーズを新発売した。今後、サプリメントでの肌悩み対応を訴求していく。剤型にもバリエーションを持たせており、生活シーンに合わせた飲みやすさ、使いやすさをアピールする。国内だけでなく、中国など海外市場にも目を向け、インバウンド需要や将来的なポテンシャルも最大化していく。

「ビューティライズ」シリーズ

ファンケルのサプリメント事業は好調が続いている。2019年度上期も売上げは前年同期比4.5%増の230億円と右肩上がり。「内脂サポート」など機能性表示食品のスター製品が牽引するが、全体的な底上げも図れており、通期でも461億円と5%の成長を見込む。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。