ファンケルの基幹スキンケアが新しくなる。9月20日から、保湿や毛穴ケア機能を強化した「モイストリファイン」、ハリツヤを高め、エイジングケア機能を強化した「エンリッチ」を通販と直営店舗およびローソンで展開する。新たなコンセプトとして掲げる「質」にフォーカスする取り組みの初弾で、コラーゲンの質を追求し、肌悩みに応じて必要なコラーゲンをケアする処方が特徴だ。年代に応じたマーケティングを行い、特に「モイストリファイン」のターゲット層であるアラサー世代の取り込みを図っていきたい考えだ。

モイストリファイン

ファンケルの化粧品は今春から新しい考え方に沿って、三つに区分されている。創業以来の理念である肌に負担となる成分を含まない「無添加」を継承し、王道を進む「THE FANCL」。無添加でありつつも手軽に大容量で、時短や簡便なケアへのニーズを満たす「NEO FANCL」。そして、パーソナルコスメやグローバル展開を見据えるなど、新しい付加価値を目指す「FANCL PRESTIGE」の3カテゴリーがそれだ。これにより、従来よりも顧客層の幅を広げ、さらなる成長を目指すことを基本戦略に据える。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。