ファンケルがCSR活動にさらに力を入れている。創業理念「不の解消」に基づき、これまでも先進的な活動を続けてきたが、重点テーマを決め、具体的な活動方針を定めて取り組んでいる。今後は自社だけに留まらず、取引先やお客とも協業し、活動の輪をさらに広めていく考えだ。

「正義感を持って、世の中の『不』を解消しよう」。ファンケルの創業理念だ。不安、不満、不便――など「不」のつく言葉を、安心、満足、便利などに変えていくこと。そこから生み出されたのは、肌が弱い人でも使える「無添加化粧品」であり、高価だった健康食品の価格を破壊し日常的に使える水準とした「サプリメント」だ。さらに野菜不足を補う「青汁」、栄養価を高めた主食で健康になる「発芽玄米」だ。理念がわかりやすい形で事業に直結しているのは、同社の大きな特徴で、いわば事業そのものが世直しの一環なのだ。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。