エキップは、血色感のあるヘルシーな肌「エナジェティックスキン」を目指すブランドとして、2月19日から新たに「アレスティア」を発売。阪急うめだ本店のポップアップイベントと同時に、阪急のECサイト、アスレティアブランドECサイトでの販売を開始。また、2月26日からは阪急うめだ本店、JR名古屋タカシマヤにてコーナーをオープン、3月末には表参道にブランド旗艦店を構える予定だ。

11月27日に開催したブランド発表会では、エキップの前澤洋介社長が登壇。「自分と自然とのバランスを大事にしながら、アクティブでしなやかに生きるスイスの人々のライフスタイルから着想を得た」と前澤社長本人がスイスで暮らしていた頃に生活者として感じたことがブランド発生の起点になっており、人生100年時代の現代をどう生きるのかという、新たな美しさを提言するスキンケア&ライフスタイルブランドだ。ブランドコンセプトは「Strengthen yourself (美しさは鍛えられる)」。年齢や性別に縛られず、動と静のバランスをコントロールすることで、しなやかに毎日を自分らしく生きる人々をサポートする。

それを支える生き方として、人と自然、社会に配慮したクリーンビューティの考え方を採用。ブランドの共通成分である「アシタバ」と「シソ」は農薬や化学肥料を使わない独自の循環型農園で栽培。また、ISO16128基準の自然由来指数を表記、リサイクル使用率が低いカラーガラスなどを含めたリサイクルガラス使用率90%以上を実現など、自然や環境にやさしい製品作りにこだわっている。

同ブランドの一番の特長は、一日に寄り添った三つのライン展開だ。一つが、肌の基礎力をサポートする「tune & charge」というスキンケアライン。天然植物由来のオイルクレンジング「アステレィア トリートメント クレンジングオイル」(150ミリリットル・4000円)をはじめ、洗顔料「同 トリートメント フォームウォッシュ」(150ミリリットル・3500円)、「同 コアバランス オイル」(50ミリリットル・5500円)、「同 コアバランス トーニングローション」(150ミリリットル・5500円)、「同 トーニングセラム」(30ミリリットル・5500円)を揃える。

オイルとローションの親和性にこだわったコアバランスオイルとコアバランストーニングローションの組み合わせがこのラインの中心。先に塗布したオイルによって、ヴェールのように塗り広がるローションが、まるでクリームを塗ったようなテクスチャーとなり肌をしっとりと保護する。

二つ目のラインが「active & go」。アクティブなライフスタイルを支えるUVジェル「同 スキンプロテクション UVジェル30」(SPF30・PA+++・30グラム・3500円)や「同 スキンプロテクション UVジェル50」(SPF50+・PA++++・50グラム・4000円)、ミストタイプで外出先でも使いやすい「同 チューニング アロマ ミスト」(全2種・100ミリリットル・2800円)を揃える。

三つ目は、自分を見つめる時間に使用する「breathe & sleep」で、「同 スイッチング アロマルームミスト」(3種・100ミリリットル・2500円)と「同スイッチング アロマオイル」(5種・10ミリリットル・3500円)をラインアップ。天然植物精油の香りで自分をコントロールできるよう、目指すモードや使うシーンに合せて選べる豊富な種類を用意している。