レブロンがフェイスカテゴリーの強化に力を入れている。定番の人気アイテム「カラーステイ メイクアップ」の切り口を変えた販促や既存製品のテコ入れなど積極的なプロモーションを実施し、リップカテゴリー同様、強化を図っている。

ここ最近のリップトレンドの多様化により、リップ戦争といわれるまで化粧品市場におけるリップのマーケットが大きく変化、成長している。そのため、リップに注力しているブランドが大半だ。リップを打ち出しつつも、一方で全体として弱くなってきているフェイスカテゴリーを今一度強化することで、既存製品の認知度の向上やターゲットの再構築を図ろうというのが今期のレブロンの戦略だ。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。