キリンホールディングス(HD)とファンケルとの資本業務提携でファンケルの池森賢二会長がキリンHDを相手に選んだのは社員と役員の安心のため―。

キリンHDは、9月6日付でファンケル創業者の池森会長や親族、資産管理会社などから相対取引で3954万400株を取得、取得総額は1293億円で、議決権ベースで33.0%を保有する筆頭株主になる。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。