2018年末から猛威を振るったインフルエンザは記憶に新しい。それを背景に、アルコール消毒(殺菌消毒〈指定医薬部外品〉)が大きな伸長をみせた(図表1)。同じく著しく伸長したのが、食品系ののど飴だ(同)。インフルエンザに対して効果があるものではないが、今回の流行が伸びに影響していることは、明らかである。この二つのカテゴリーの共通点は、シェアトップ企業の存在感の大きさ。追随する企業は、新たな付加価値で勝負を仕掛けている。


↑クリックで開きます
(図表1)

この続きは会員の方のみご覧いただけます。