日本百貨店協会が売上高を集計する全国の店舗数は2008年12月末で280店ありましたが、19年2月末で217店と2割強減少している。百貨店をはじめ大型商業施設の閉店は中心市街地の空洞化を加速しています。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。