今月号は、化粧品専門店について特集しました。「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数調査」(総務省)によると、化粧品の主力ターゲットである女性の生産年齢人口(15~64歳)は大幅減。2019年1月1日時点の合計数は、10年前(09年3月31日)との比較で93.4%。24道県が10%超の減少率で、市場縮小は進んでいます。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。