訪日中国人旅行消費額は全体の約4割を占める

台風21号に伴う関西国際空港の被災による航空便の欠航は、インバウンド頼りの危うさを一時的にではあるが露呈させた。日本政府観光局が発表した9月の訪日外国人旅行者数は、前年同月比マイナス5.3%。2013年1月以来、実に5年8カ月ぶりのマイナスとなった。J.フロントリテイリングの免税売上高全体の約50%を占める大丸心斎橋店は台風の影響を大きく受けて前年同月比13%のマイナス。高島屋も関西地区全体では30〜40%減。いずれも10月は前年比プラスに転じ回復しているものの、インバウンドがどれだけ売上げに貢献しているかを物語っている。

関西地区の百貨店は台風21号で大打撃を受けた

この続きは会員の方のみご覧いただけます。