世界最大のブランディング会社インターブランドは、グローバルのブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2018」を発表した。発表は2000年から今年で19回目。インターブランドジャパンの並木将仁代表取締役社長兼CEOは、「この10年間で、大きく成長しているブランドは、直感的に消費者を理解し楽しませている。そのために斬新かつ象徴的な活動を、これまでにない新しい方法で取り組んできたというのが、今年のブランド価値を上げた会社の大きな傾向」と述べた。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。