Z世代の心をつかむ@コスメストアの店づくり

アイスタイルが掲げるシームレスな購買環境の実現が1995年以降生まれのZ世代の若者にも受け入れられている。同社は約8年前に口コミサイトの@コスメ、ECの@コスメショッピング、実店舗の@コスメストアのユーザーIDを統合。EC、実店舗でも同じようにポイント等が使える環境を整えることで、顧客ロイヤルティが高まっているのに加え、以前は化粧品のEC化が進んでいなかったこともあり、@コスメストアと@コスメショッピングのMDはほとんどかぶっていなかったが、ここ数年で化粧品のEC化が加速。どちらでも取り扱っている化粧品が増えることで、よりユーザビリティが高まり、ECも実店舗も売上げが拡大している。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。