ロレアル パリが、クチュールデザイナーとのコラボレーションを強化している。今年は、伝説的なファッションデザイナー、カール・ラガーフェルドとタイアップしたメイクアップを年末に展開する。女性を勇気づけるというブランドの方向性の推進に加え、好調なメイクアップに弾みをつけていく。モードでハイエンドなイメージを打ち出すことで、新しい世界観を印象付け、幅広い年代層にリーチしていくことも狙う。

ロレアル パリは近年、クチュールを手掛けるトップデザイナーとのコラボレーションを進めてきた。2018年はバルマン、イザベルマランと協業し、リップスティックや限定のコフレなどを発売し、いずれも完売となるなど好評を得た。ブランドの世界観も広がり、新たな顧客の獲得にも寄与している。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。