政府の施策としてキャッシュレス決済が推進されている。経産省が2018年に公表した日本のキャッシュレス化比率は15年で18.4%と先進国のなかでも低いのが実情だ。キャッシュレス決済に慣れた海外の消費者の訪日が増えると予想される20年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、その整備は喫緊の課題だ。デジタル化が進み、現金を持ち歩かない人が国内外を問わず増えているなかで、キャッシュレス化を進めることは消費の底上げにつながると推測される。ホットペッパービューティーアカデミーは、ヘアサロンをはじめとした美容サロンの利用経験が1年以内にある20〜49歳の消費者男女1344人を対象に、キャッシュレスに関する意識調査を実施。美容サロンがキャッシュレス決済を導入するメリットが見えてきた。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。