電子商務経営者に対する納税義務、営業証取得を明文化

今年1月1日に実施された中国EC法。その要諦は、電子商務そのものを定義するとともに、そのなかで商いを行うものをきちんと分類・定義し、それぞれの義務を明確化したことにある。

EC法では、電子商務を「インターネットなどの情報ネットワークを通じて商品を販売、あるいはサービスを提供する経営活動」と定義し、「金融類の商品およびサービス、ネットを利用したニュースや音楽・動画番組、出版および文化商品の提供など」は対象外としている。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。