接着と非接着の長所を組み合わせた新しい価値を提案

こだわりの一品。コージー本舗が9月3日に発売した二重まぶた化粧品「アイトーク ハイブリッドフィルム」(4ミリリットル・1620円)は、商品開発に通常の倍、約2年間もかけた。主力ブランド「アイトーク」のシリーズだが、機能、パッケージ、キャッチコピーはともに新規性を重視。これが市場を活性化すると小売業の期待値を高めた。実際、発売時の配荷店数は約7000店で、同社が重視する小売店をほぼ網羅。さらに発売後も九州の大手小売業2社が相次いで最上段での導入を決定。発売からわずか2カ月弱で初年度の売上目標を上方修正するとともに、追加プロモーションが決定している。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。