ニューヨークのアポセカリーをルーツに、高品質なスキンケアを提供するキールズ。今年日本上陸10周年を迎えた同ブランドが、新ステートメントとして「FINEST APOTHECARY SKINCARE(ファイネスト アポセカリー スキンケア)」を表明。これを全面に打ち出した新たな展開を開始した。(=欧米の調剤薬局)

今期のキールズは、ブランドを代表するアイコン3製品の「キールズ クリーム UFC(以下クリーム UFC)」「キールズ ハーバルトナー CL アルコールフリー(以下カレンデュラトナー)」「キールズ ミッドナイト ボタニカル コンセントレート」の3品をベーシックスキンケアとして徹底して紹介するヒーロー戦略が成功を収めている。特にクリーム UFCとカレンデュラトナーは大きく成長を遂げている。また新客獲得も好調だ。アイコン製品として推奨し、キールズでスキンケア習慣をつけさせる戦略が大当たりした結果だ。いずれも使い続けることで効果が実感しやすい製品であり、リピートも順調だ。メインターゲットの20〜30代が継続使用しやすくするために価格も見直し、カレンデュラトナーでは4800円から4000円へと大幅な値下げを断行したことも成功要因となった。

キールズ クリーム UFC

キールズ ハーバルトナー CL アルコールフリー(カレンデュラ)

キールズ ミッドナイト ボタニカル コンセントレート

この続きは会員の方のみご覧いただけます。