使用拡大と高付加価値の2軸が大幅拡大を後押し

今回のシェア攻防戦では、前年との比較に加え、5年前の2012年とも比較し、主要なカテゴリーのここ数年の動きやトレンドを探った。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。