安心・安全の日本製品の価値が消失する日

近未来のグローバル市場を予見する上で見逃せないのがアジアの消費現場。例えば、アジア系化粧品メーカーが日本の化粧品市場に進出するのは中国人向け広告の意味合いが強いという。中国メーカーのなかには、あたかも日本人向けに情報発信しているようにホームページをつくり込み、実際は中国人に対し日本で人気のブランドであるかのように見せている。それによって中国での売上げを急激に伸ばしているといったケースも出始めているのだ。自国民の消費動向を間近で見てきた中国ローカルメーカーが中国国内での売上拡大に向けた戦略が加速し始めていることが窺える。中国市場の競争環境が大きな変革期に来ている事例と言えそうだ。それは日本の化粧品メーカーの中国戦略とも密接に絡むことになる。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。