三つのカテゴリーがバランス良く伸びている

――2018年は売上高100億円を達成し、次の目標に向けハードルが一段と上がりました。19年の状況はいかかでしたか。

牧野 13年から18年まで6年連続で伸長。19年は100億円を超えた翌年だったので危機感を持って臨みましたが、お陰さまで好調な成長率を堅持し、8月までは一桁台後半と順調な伸びで推移しました。9月は消費増税前の駆け込み需要で最後の1週間で一気に売り上げが上昇し、プラス50%の伸びを達成。10月はその反動がありましたが日を追うごとにマイナス幅が縮小し、最終的にはこれまで同様5%程度の伸長率を確保して終了する見込みです。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。