LVMH所有の小売業、セフォラの果敢な海外出店構想が注目されている。今年10月24日には、韓国に初の出店を果たす。ソウルの江南(カンナム)に2014年に建設されたパルナスモールにテナント出店する。店舗面積は50.8平方メートル。これを皮切りに20年までに韓国に6店舗の出店とオンラインストアの開設を目指し、23年までにさらに13店舗の出店も計画している。

また、香港にも9年ぶりに出店する。セフォラは08年に香港・モンコックエリアに出店したが、10年に撤退している。ロケーション選びの誤りが原因といわれている。モンコックはネイザンロードと並行して走る下町地区で、女性の服飾関連の店が多く、またコピー商品を並べている店などがあり、夜は女人街へと姿を変えるエリアだ。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。