NPDグループの調査によると、米国の2018年第3四半期(7〜9月)のプレステージ化粧品の売上げは前年同期比7%増の41億ドル。とりわけスキンケアは15%増の13億ドルと伸びが著しかった。理由はエイジングケアカテゴリーで新製品が多く登場したため。ナチュラルブランドは24%も伸びて、スキンケア全体の4分の1を占めている。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。