マーケティングとメディアの調査会社であるステラライジングによると、米国の消費者は、化粧品の購入でアマゾンを最もよく利用しているという。

化粧品を買う消費者65%はアマゾンオンラインストアを利用すると答えている。次いで、化粧品専門店のウルタのECサイトで購入するという人が54%、セフォラの通販サイトも54%、ウォルマートコムが47%、ターゲットコムが36%となっている。コンビニエンスストアは夜間でも買える便利さがあって61%の人が化粧品の購入に利用している。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。