化粧品関連業界に、新進気鋭のユニークなブランドや、新しいテクノロジー企業への投資が活発化している。

ユニリーバは子会社のベンチャーキャピタルを通じ、インドの化粧品ブランド、プラムに213万ドルの投資を行っている。プラムはクルエルティフリー、つまり動物を傷つけたりしないという基本概念で、動物由来の素材や原料を一切使わないで作られた化粧品ブランドとして知られ、スキンケア、ヘアケア、メイクアップ、バス用品などを、天然素材と100%ビーガン原料で生産している。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。