CSチャネルの重要性を再認識

かつて「不確定なチャネル」と呼ばれた中国のCS(化粧品専門店)チャネルは、現在スーパー、ネット通販に並んで化粧品小売流通の第三勢力として急成長を遂げており、P&Gを始めとするグローバル日用品・化粧品メーカーもこのCSチャネルに大きな期待を寄せている。同時に、ここ1、2年CSチャネル戦略の再構築を中小都市や農村部への浸透を加速させるための突破口とする外資系メーカーの動きも活発で、P&Gは当然その最前線に立っている。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。