日華化学のグループ会社で、サロン専売品を展開するイーラルは、社名を冠した「イーラル」ブランドからUVカット/ヘアトリートメントの「イルミガード シャワー」(95グラム・4950円、SPF50+/PA++++)、頭皮用トリートメントの「ハニーパック スカルプ センシティブ」(医薬部外品、150グラム・2420円)を3月22日に全国のイーラル取り扱いサロンにて発売。あわせて、既存の頭皮用トリートメント「アクアバランス」(80ミリリットル・4620円、200ミリリットル・8250円)および「ハニーパック スカルプ」(医薬部外品、150グラム・2420円)も同日にリニューアル発売。ラインアップ、提案の充実を図る。

同社では、発売に先駆け2月8日にオンライン発表会を開催。ブランド統括部の田邊円氏がブランドの概要を、化粧品研究部の大原未咲姫氏が新製品の概要と採用した技術について説明した。

「イルミガード シャワー」では、紫外線を浴びることによって生じるしわやたるみ、シミなどの老化現象である光老化に着目。頭皮は肌の3倍以上の紫外線量が当たっていることを示し、オールシーズンでケアが必要であることを強調。その対策とともに、体内時計の基本となる時計遺伝子にアプローチし、肌リズムに合わせて日中ケアの「イルミガード シャワー」と夜用ケアの「アクアバランス」と使い分け、昼と夜で適切なケアを提案することで、忙しい毎日でも24時間美しい頭皮と髪へ導く。

一方の「ハニーパック スカルプ センシティブ」は、敏感肌パッチテスト、スティンギングテスト、アレルギーテストの三つのテストをクリアした敏感肌向け頭皮ケアアイテム。カラー後の頭皮刺激緩和ケア成分としてローヤルゼリーを採用し、繰り返すカラーを楽しめる頭皮へと導く。