大正製薬は、エイジング全般の研究領域で注目が集まっているミトコンドリアの中でも、毛髪のミトコンドリアに作用する素材を探索し、それらの有用性と可能性について、7月15日に、ネイチャーラボと共同で毛髪最新研究発表会をオンラインで開催した。

大正製薬はこれまで、学習院大学の柳茂教授との共同研究において、ミトコンドリアの形態制御や品質管理等に関わる分子として知られる酵素「MITOL(マイトル)」が、毛包組織や頭皮をはじめとした皮膚のアンチエイジングにおいて重要な役割を果たすことを解明してきた。その中で、MITOLの発現低下が白髪や薄毛などの髪の老化につながるなど、薄毛対策だけではない、白髪などヘアケア領域における、さまざまな悩みをトータルで解決することを目指した研究を継続的に進めている。

今回の発表会では、根本的な改善策が少なく、まだまだ謎が多いとされる白髪領域において、MITOLが新たな標的となる可能性を示す研究成果の発表に加え、ミトコンドリア機能を高める可能性が期待される「MITOL活性化成分」と、色素細胞へ作用するネイチャーラボの「ブラックリバースペプチド1」の掛け合わせが生む、白髪改善へのシナジー効果について発表した。

大正製薬は、MITOL活性化成分が白髪と薄毛に有用である可能性を示し、ネイチャーラボは、ブラックリバースペプチド1が毛髪の黒色化と維持に寄与すると報告。以上のことから、MITOL活性化成分とブラックリバースペプチド1の掛け合わせにより、MITOL発現促進効果の増強と、毛包中の色素細胞のメラニン含量が増加し、「白髪や薄毛といった毛髪のエイジングに有用な可能性がある」(大正製薬セルフメディケーション開発研究所製剤第3研究室・阿部晃也グループマネージャー)という。大正製薬は、今後も、MITOLの新たな機能やMITOL発現を促進させる素材の作用について、さらなる研究を進めていく考えだ。