インドのプレミアムフレグランスは過去2年間、2桁成長を遂げており、2017年は前年比16%増の2億8578万ドルに達している。可処分所得の増加や身だしなみへの関心の高まり、ギフトや結婚祝いなどが売り上げの伸びをもたらした。

17年11月にはそれまでの高額紙幣を廃止して新設ルピー札に切り替える政策が実施され、現行法定通貨の80%が回収され、使われなくなった。通貨を廃貨にすることを英語でデモネタイゼーションという。デノミへの備えや、資産の不正蓄財をあぶり出す目的で行われることが多い。またインドでは17年に商品やサービスに税が導入された。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。