岡山商科大学教授(経営学部長)神戸大学経済経営研究所リサーチフェロー 博士(経営学)
長田 貴仁


 

広報は経営戦略である

マスコミで注目された経営者は失敗する――。この仮説が成り立つほど、近年、一時マスコミで注目されたトップが、時を経て逆に叩かれるケースが散見される。皮肉にも彼らの中には、広報に力を注ぎ、率先垂範してトップ広報を展開していた人が少なくない。その人たちの特徴をまとめると、【表1】の通りである。これらの条件を一見すると「名経営者」に見えるだろう。ところが、マスコミで騒がれることにより【表2】のような精神構造が出来上がり、状況が悪化した時、「迷経営者」に転落してしまう恐れがある。


この続きは会員の方のみご覧いただけます。